XPages 専用の x$ jQuery セレクター

//function is called using x$("#{id:inputText1}", " parameters").
 
function x$(idTag, param){ //Updated 18 Feb 2012
   idTag=idTag.replace(/:/gi, "\\:")+(param ? param : "");
   return($("#"+idTag));
}





XPages の入力テキストフィールドを jQuery で選択したいとき、そのままでは動作しません。その理由は

1) ランタイム時にフィールドに対して動的な名前をサーバーが割り当てる
2) 新しく付けられた id タグ名にはコロンが入っていて、jQuery のセレクターでは特殊文字として認識される

この x$ 関数はコロンをエスケープし、この問題に対処でき、jQuery オブジェクトを正しく返します。
開発者が指定した「inputText」という id には、動的に割り当てられたフィールド名は「#{id:inputText}」として使用できます。
XPage 内のスクリプトタグにこの関数を追加して、一般的な jQuery セレクターと同様にコールすることができます。

使用方法 - parameters の前の" "に注意してください。そして、すべてのセレクターには文字列として作成されていることが重要です。
inputText1 のセレクターに id 名を割り当てるには: x$(“#{id:inputText1}”, " parameters (optional)").

例 #1 (パラメーターなし)
x$(“#{id:inputText1}”).css(‘border’, ’2px solid green’)

例 #2 (ビューパネルの表にもう一つの行を作成)
x$("#{id:viewPanel1}", " tr:even").css(‘background’, ’yellow’)

JavaScript (Client)
katoman
August 19, 2015 10:46 AM
Rating
0





No comments yetLogin first to comment...