XPages 互換の Dojo Dijit ダイアログ

dojo.provide('com.ZetaOne.widget.Dialog');
dojo.require('dijit.Dialog');
 
(function(){
    dojo.declare("com.ZetaOne.widget.Dialog", dijit.Dialog, {
        postCreate: function(){
          this.inherited(arguments);
          dojo.query('form', dojo.body())[0].appendChild(this.domNode);
        },
        _setup: function() {
          this.inherited(arguments);
          if (this.domNode.parentNode.nodeName.toLowerCase() == 'body')
            dojo.query('form', dojo.body())[0].appendChild(this.domNode);       
        }       
    })
}());





これは Dijit Dialog ないのコンテンツを置き換え、データ上で部分/完全更新を起動するもので、コンポーネント自体はダイアログをHTMLフォームの内部に移動し、XSP オブジェクトが相互参照できるようになります。

使い方は、クライアントサイドJavaScriptライブラリにコピーし、対象のページに加えてください。

そして通常の dijit.Dialog をコンストラクトする要領で、 dojoType="com.ZetaOne.widget.Dialog" としたり、 var x = new com.ZetaOne.widget.Dialog({...}); とします

JavaScript (Client)
katoman
July 13, 2015 11:17 AM
Rating
0





No comments yetLogin first to comment...