customConverter を使ってリッチテキストのフォントのフォーマットを取り除く

<xp:inputRichText id="inputRichText1" value="#{doc.body}" readonly="true">
  <xp:this.converter>
    <xp:customConverter>
      <xp:this.getAsObject><![CDATA[#{javascript:value}]]></xp:this.getAsObject>
      <xp:this.getAsString><![CDATA[#{javascript:
        try{
          var html=value.toString();
          html=html.replace(/<(FONT|font)([ ]([a-zA-Z]+)=(\"|')[^\"\\']+(\"|'))*[^>]+>/g,"")
          html=html.replace(/(<\/FONT>|<\/font>)/g,"")
               return html;
        }catch(e){
               print (e);
        }}]]>
      </xp:this.getAsString>
    </xp:customConverter>
  </xp:this.converter>
</xp:inputRichText>





この customConverter は正規表現を使って、リッチテキストフィールドの HTML タグに出てくるすべてのフォントタグを取り除きます。ブラウザでレンダリングされる際に、リッチテキストのフォーマットを制御するのに使用してください。

このコードは必要に応じて修正することで HTML フォーマットの他の部分も変更出来ます。

XPages
katoman
July 21, 2015 12:47 PM
Rating
0





No comments yetLogin first to comment...