クイックスタート:Extlib の Dynamic Content コントロールの使用方法

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<xp:view xmlns:xp="http://www.ibm.com/xsp/core"  xmlns:xe="http://www.ibm.com/xsp/coreex">
  <xp:link escape="true" text="Load Dynamic Content Server side" id="link1">
    <xp:eventHandler event="onclick" submit="true" refreshMode="partial">
      <xp:this.action>
        <![CDATA[#{javascript:getComponent("dynC").show("key1")}]]>
      </xp:this.action>
    </xp:eventHandler>
  </xp:link>
  <xp:link escape="true" text="Load Dynamic Content Client side" id="link2">
    <xp:eventHandler event="onclick" submit="false">
      <xp:this.script><![CDATA[XSP.showContent("#{id:dynC}","key2")]]></xp:this.script>
    </xp:eventHandler>
  </xp:link>
  <xe:dynamicContent id="dynC" useHash="true">
    <xp:this.facets>
      <xp:panel xp:key="key1">Content1</xp:panel>
      <xp:panel xp:key="key2">Content2</xp:panel>
    </xp:this.facets>
  </xe:dynamicContent>
</xp:view>





このスニペッツを XPage かカスタムコントロールのソースパネルにコピーペーストして、Dynamic Content (動的コンテンツ)コントロールを簡単に試すことができます。
2つのリンクはクライアントとサーバーサイドの両方でコンテンツをロードする方法を紹介しています。

使用には Notes/Domino 8.5.x と Extension Library が必要です

XPages
katoman
August 19, 2015 12:42 PM
Rating
0





No comments yetLogin first to comment...